BTO パソコン はじめにすること

パソコンBTOを購入後はじめにすること

 

BTOパソコンを購入後、まずはじめにする大切なことは、付属品が全て揃っているかの確認をすることです。

 

なんでそんな事をするの?揃ってないと動かないんじゃないの?なんて疑問に思う人も多いと思います。しかしながら、欠品の報告が意外と多いのです。リカバリ用のディスクやマニュアルなど、後から無い事に気づいても、無くしてしまったのかと勘違いしてしまいます。

 

BTOを購入後の確認の方法

 

確認の方法はマニュアルに全ての付属品一覧が記載されものがあります。それを利用して確認するのが確実です。もし、入っているはずの付属品が見つからない場合には、良く再確認した後、メーカーのサポートセンターへ連絡してみましょう。

 

 

全ての部品の確認が終わり、次は電源を入れます。ここで利用者情報やパスワードの設定など入力することがいくつか出てきます。そうして最初に起動には、約数十分の設定が必要になります。あらかじめパソコンに付ける名前やパスワード、メールアドレスなどを用意しておくとスムーズです。

 

目視では確認できない場所の確認方法

 

そうして設定が終わり、ホーム画面になれば次は、コントロールパネル⇒システム⇒「コンピューターの基本的な情報の表示」からメモリやCPU、OS、光学ドライブなどに間違いがないか確認しましょう。付属品と同様、メモリの容量やハードディスクの容量が間違われていたというのを稀に耳にします。

 

 

ハードディスク容量は、コンピューターの管理⇒ディスクの管理で容量を見ることができます。最後に最も重要な作業があります。それはOSのアップデートです。購入時には、中のプログラムは古いもののままになっています。そのまま使い続けると、色々な不具合が出やすくなってしまいます。

 

忘れてはならない最後に必ず行う事

 

BTOパソコンだけに限らないのですが、インターネットに接続し、ウィンドウズアップデートを実行してやることが、購入してはじめに行う作業で最も大切だと言えます。

 

これを忘れてしまうと、動作が不安定になったり、ウイルスに感染しやすい状態のまま使うことになります。なるべく早めに実行してやることが大切です。